UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
117 経済学研究科・経済学部 >
70 日本経済国際共同センター >
Discussion Paper J series (in Japanese) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/39549

タイトル: 日本のマクロ経済統計の課題:季節性・構造変化・平滑化問題
その他のタイトル: On some issues of macro-economic statistics in Japan : seasonality, structural change and statistical smoothing
著者: 国友, 直人
佐藤, 整尚
著者(別言語): Kunitomo, Naoto
Sato, Seisho
キーワード: 住宅投資
設備投資
四半期GDP
季節調整
変化点
X-12-ARIMAとDECOMP
状態推定と統計的フィルタリング
発行日: 2010年12月
出版者: 日本経済国際共同センター
抄録: 国土交通省や内閣府など日本の主要な中央官庁が定期的に公表しているマクロ経済統計を巡る最近の問題と課題を統計学的な観点より考察した。特に住宅投資系列や設備投資系列など四半期GDP を構成する主要な幾つかのマクロ経済統計の分析を例として、政府統計に関する幾つかの基本的で重要な問題と改善案を議論し、さらに経済分析への意味を考察した
We investigate some issues of macro-economic statistics in Japan including the housing investment, the private non-residential investment and the quarterly (preliminary) GDP estimates. We illustrate the problems associated with the seasonality and structural break in recent Japanese macro-economy. We use the statistical smoothing method and DECOMP (developed by Kitagawa and Sato at ISM) and discuss the possible problems with the use of X-12-ARIMA program by the statistical offices in the Japanese central government. We propose several ways to improve the quality of macro-economic statistics in Japan.
内容記述: 浅子・渡部編・加納悟氏記念出版に掲載 (2011)
URI: http://hdl.handle.net/2261/39549
その他の識別子: CIRJE-J-230
出現カテゴリ:061 ディスカッションペーパー
Discussion Paper J series (in Japanese)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010cj230.html605 BHTML見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください