UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/39613

タイトル: 特集1 : 研究解説 : 超精密非接触表面形状測定法について
その他のタイトル: Noncontact Surface Profile Measurement for Ultra Precision Machining
著者: 佐藤, 壽芳
著者(別言語): Sato, Hisayoshi
発行日: 1987年6月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 39(6), 1987.6.1, pp. 201-208
抄録: 超精密加工面の表面微細形状を光学装置、走査電子顕微鏡を用いて非接触測定する方法の現状について概観した。対象表面の微細形状は数nmないし10nm台の精度が要求されている。光学的方法としては、各種の干渉法、光挺子法等と差動増幅法の組み合わせ等による方法が示されている。一方電子顕微鏡を用いる方法は試料表面を観察する画像を構成している信号の処理によって、微細形状を求める方法が提示されている。それぞれに特徴があるが、所要の精度測定の道が開けつつある状況について解説している。
内容記述: 特集 生産・加工システムの最適化
URI: http://hdl.handle.net/2261/39613
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk039006002.pdf702.88 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください