UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
113 工学系研究科・工学部 >
40 化学生命工学専攻 >
1134010 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/3990

タイトル: Resolution of 3-(methylamino)-1-(2-thienyl)propan-1-ol, a new key intermediate for duloxetine, with (S)-mandelic acid
著者: Saigo, Kazuhiko
Sakai, Kenichi
Sakurai, Rumiko
Yuzawa, Atsushi
Kobayashi, Yuka
著者(別言語): 西郷, 和彦
発行日: 2003年6月20日
出版者: Elsevier
掲載誌情報: Tetrahedron: Asymmetry, 14(12), 2003, p. 1631-1636.
関連URI: http://www.sciencedirect.com/science/journal/09574166
抄録: The resolution of racemic 3-(methylamino)-1-(2-thienyl)propan-1-ol (3), a new key intermediate for duloxetine (1), was studied. The conditions were optimized for an industrial-scale resolution of 3 by using (S)-mandelic acid (4) as a resolving agent and 2-butanol containing two equimolar amounts of water as a solvent. The (S)-3・(S)-4・H2O diastereomeric salt was crystallized to give pure (S)-3 with >99.9% ee after liberation of the amine. Absolute configuration of liberated (-)-3 was determined as (S)-form by X-ray crystallography.
URI: http://hdl.handle.net/2261/3990
ISSN: 09574166
出現カテゴリ:1134010 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1_Elsevier.pdf104.21 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください