UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/40118

タイトル: 退官記念講演 : 超高真空技術における気体分子と表面の諸問題
その他のタイトル: Physical problems of gas-surface interaction in ultrahigh vacuum technology
著者: 辻, 泰
著者(別言語): TUZI, Yutaka
発行日: 1988年12月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 40(12), 1988.12.1, pp. 585-594
抄録: 私は大学卒業以来約40年間にわたって、真空科学と表面現象の研究に携わってくることができた。真空と表面の諸現象は互いに密接な関係を持っていることが多く、特に超高真空では、表面現象を考慮せずに真空を語ることはできない。ここでは、真空の立場からの研究を中心とし、年代を追って紹介する。単一指向性真空計の開発、超高真空系の特性解析法など、真空科学に寄与すると思われる諸問題を、最近になって取り上げることができたのは幸いであった
URI: http://hdl.handle.net/2261/40118
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk040012001.pdf819.78 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください