UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
132 東洋文化研究所 >
東洋文化研究所紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4047

タイトル: 「太平經」の思想構造
その他のタイトル: On the Structure of Thought in "Tai-ping-jing"(太平経)
著者: 高橋, 忠彦
著者(別言語): Takahashi, Tadahiko
キーワード: 太平経
発行日: 1984年11月
出版者: 東京大学東洋文化研究所
掲載誌情報: 東洋文化研究所紀要. 95冊, 1984-11, pp. 295-336
抄録: “Tai-ping-jing” is difficult to analyse as a whole, becanes of its complexity of both contents and styles. In this paper it is tried to detect the uniformiry of thonght in each of three main styles consi-sting “Tai-ping-jing”. In chapter 2, which treats the dialogic part, it is aimed to extract and reconstruct some metaphysical devices of the religeous group concerned to systematize varions dimentions of their religeon and thought. In chapter 3, which analyses the conversational part and the lecturing part, it is concluded, that in spite of their individuality of styles, these parts represent some older strata of the same religeon.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4047
ISSN: 05638089
出現カテゴリ:東洋文化研究所紀要
東洋文化研究所紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ioc09503.pdf1.76 MBAdobe PDF見る/開く
ioc09503a.pdf23.76 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください