UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/408

タイトル: 明治前半期の科学教育に関する研究(I) : T.H.ハックスレーの科学教育思想の受容を中心として
その他のタイトル: Study on Science Education in the Early Meiji Era of Japan (I) : How T. H. Huxley's Idea of Science Education was accepted in Japan
著者: 末藤, 美津子
著者(別言語): SUEFUJI, Mitsuko
発行日: 1981年2月20日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 20巻, 1981.2, p.235-244
抄録: In this paper, I Intend to consider how and to what extent the ideas of science and science education from Western Countries were introduced into and assimilated in Japan. Now I think it is necessary to tell about T.H. Huxley (1825-1895), the famous English scientist and science educator, who acted an important role in the popularization of science and the organization of science education in the latter half of 19th century in England. His ideas and works were introduced into Japan in the Early Meiji Era and affected the development of science education in Japan. I study the relation between T.H. Huxley and our science education.
URI: http://hdl.handle.net/2261/408
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000736907.pdf1.18 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください