UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/42312

タイトル: 研究解説 : 図面自動入力技術 : 地図や設計図面はどこまで自動認識できるか
その他のタイトル: On the Automated Data Conversion Techniques : How can maps and engineer drawings be understood by computer ?
著者: 坂内, 正夫
著者(別言語): SAKAUCHI, Masao
発行日: 1989年4月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 41(4), 1989.4.1, pp. 211-218
抄録: 紙の上のアナログ情報として与えられる地図や各種設計図などの図面から、コンピュータによる画像処理・パターン認識手法を用いて、対象物の形状や属性・意味などを抽出・理解し、データベ-ス化する図面自動入力技術のニーズが高まっている。本解説では、処理の高速化、認識・理解の高度化と汎用化、認識結果の信頼度の向上という視点を中心に、この図面自動入力技術の現状と動向を述べよう
URI: http://hdl.handle.net/2261/42312
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk041004002.pdf989.33 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください