UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/42423

タイトル: 研究解説 : 渋滞のメカニズムと対策
その他のタイトル: Traffic Congestion : How they take place and how to solve the problem
著者: 越, 正毅
赤羽, 弘和
桑原, 雅夫
著者(別言語): KOSHI, Masaki
AKAHANE, Hirokazu
KUWAHARA, Masao
発行日: 1989年10月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 41(10), 1989.10.1, pp. 753-760
抄録: 東京都心部および東京周辺の行楽地における実地調査により交通渋滞の現状を定量的に把握し、それに基づいて渋滞対策を検討した。その結果、路上駐車の排除、交通信号機の調整、交差点の改良、そして適切な迂回路の設置・誘導などの対策により、現有の道路施設の交通処理能力をフルに活かせば、短期間に渋滞を大幅に緩和、あるいは解消することが十分に可能であることが明らかとなった。
URI: http://hdl.handle.net/2261/42423
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk041010002.pdf752.89 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください