UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
115 理学系研究科・理学部 >
06 地球惑星科学専攻 >
1150610 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/42754

タイトル: 異常抵抗による沿磁力線加速 : Review
その他のタイトル: A review of field-aligned acceleration by anomalous resistivity
著者: 三浦, 彰
著者(別言語): Miura, Akira
発行日: 1980年2月29日
出版者: 国立極地研究所
掲載誌情報: 南極資料. 第68号, 1980年2月29日, pp. 1-22
抄録: 異常抵抗とそれを起こす電流励起不安定性の物理的機構についてレビューし,オーロラ電子の沿磁力線加速に適用する.異常「抵抗」が加速に効くというパラドックスは「抵抗」が速度の異なる電子に対して異なって働くことを考慮すれば解決される(Papadopoulos : Rev. Geophys. Space Phys.,15,113,1977).沿磁力線電流を担う大部分の電子は,乱流状態となった静電波との衝突により散乱減速され沿磁力線電場の維持に寄与する.この電場により速度分布のテイル付近の電子は加速される.上部電離層で可能な不安定性の中で,静電イオンサイクロトロン不安定性が最も小さな電子のドリフト速度で励起され,比較的小さな電流で不安定となる(Kindel and Kennel: J.Geophys.Res.,76,3055,1971).佐藤(磁気圈プラズマ波動に関するシンポジウム,66,1978)により提唱された沿磁力線加速の数値モデルについて触れ,電離層の重要な役割について指摘する.抵抗性の外部回路(電離層)の存在は沿磁力線電場,異常抵抗,電離層に降下する逃走(加速)電子の形成を因果関係まで含めて解決するのに不可欠である.
Basic concepts of anomalous resistivity and the physical mechanism of current driven instabilities are reviewed with a view to applying them to the field-aligned acceleration of auroral electrons. A paradox that an anomalous ‘resistivity’ contributes to acceleration of electrons is resolved by taking into account its different effects on electrons in different parts of the distribution function (Papadopoulos: Rev. Geophys. Space Phys., 15,113,1977); bulk electrons carrying a field-aligned current are anomalously scattered and decelerated by collisions with turbulent electrostatic waves and contribute to maintain parallel electric field,which in turn accelerates electrons in the tail of the distribution. Among the possible instabilities the electrostatic ion cyclotron instability has the lowest threshold velocity for the wide range of Te/Ti including Te/Ti~1,which is valid in the upper ionosphere. The electrostatic ion cyclotron wave is destabilized by a relatively small field-aligned current in the upper ionosphere (Kindel and Kennel: J. Geophys. Res., 76,3055, 1971). A numerical model of the field-aligned acceleration by Sato (Symposium on Plasma Waves in the Magnetosphere, 66, 1978) is reviewed in order to emphasize an important role of the ionosphere; the existence of a resistive external circuit (ionosphere) is necessary for resolving the ‘chicken-egg’ cause and effect relationship among parallel electric field, anomalous resistivity and formation of runaway (accelerated) electrons precipitating downward into the ionosphere.
URI: http://hdl.handle.net/2261/42754
ISSN: 00857289
出現カテゴリ:1150610 学術雑誌論文
014 自然科学

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Anomalous-Resistivity.pdf2.16 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください