UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/428

タイトル: ワイマール期芸術教育とその方法 : 改革教育学における位置づけへの試み
その他のタイトル: The Art Education in the Age of Weimar Republik and its Method : An Attempt to Determination of its Position in Reformpadagogik
著者: 岡本, 定男
著者(別言語): Okamoto, Sadao
発行日: 1982年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 21巻, 1982.3, p.143-154
抄録: It is generally recognized that the art education in Germany was the beginning of 'Reformpadagogik'. Many students of educational history think that the art education was changed by 'Jugendbewegung' etc. several years later. It is the reason why the art education has not enough been described since the head of this century. In this consideration, I am going to present the stage of art education and make its position clear through describing its relation to the spirit of 'Reformpadagogik' in the age of Weimar.
URI: http://hdl.handle.net/2261/428
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688170.pdf1.45 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください