UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/430

タイトル: 接続詞の獲得にみる因果的思考の発達
その他のタイトル: Development of Causal Thinking Represented in Acquisition of Conjunctions
著者: 野村, 俊明
著者(別言語): Nomura, Toshiaki
発行日: 1982年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 21巻, 1982.3, p.173-181
抄録: This paper aims at considering the development of causal thinking by analysing the process of acquiring conjunctions. The research is composed of two experiments, which adopt sentence complete test. Data of these experiments propose two intering suggestions, (i) For the study of development of causal thinking, it is important to consider the necessity of the relation between cause and effect. (ii) Development is the process of differentiation rather than that of sequent accumulation.
URI: http://hdl.handle.net/2261/430
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688172.pdf869.5 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください