UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
42 スラヴ語スラヴ文学 >
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4335

タイトル: 外国語教育における「外国語としての日本語」の視点 : 日本語とロシア語のテンス・アスペクトの対照研究から
その他のタイトル: ОПЫТ ИСПОЛЬЗОВАНИЯ ГРАММАТИЧЕСКИХ КАТЕГОРИЙ ЯПОНСКОГО ЯЗЫКА КАК ИНОСТРАННОГО В КАЧЕСТВЕ "ТОЧЕК ОТСЧЕТА" ПРИ ОБУЧЕНИИ ИНОСТРАННЫМ ЯЗЫКАМ : На материале сопоставительного описания аспектуально-временных систем японского и русского языков
著者: 柳町, 裕子
著者(別言語): ЯНАГИМАТИ, Юко
発行日: 2004年2月20日
出版者: 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室
掲載誌情報: Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報. 第19号, 2004.2, pp. 168-183
URI: http://hdl.handle.net/2261/4335
出現カテゴリ:Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004390787.pdf1.05 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください