UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/434

タイトル: 「障害」の析出と処遇 : 近代公教育批判への一視角
その他のタイトル: Historical Emergence and Social Treatment of "Impediment" in Reproduction of Modern Society : A Viewpoint of Critique on Modern National System of Education
著者: 斎藤, 寛
著者(別言語): Saito, Hiroshi
発行日: 1982年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 21巻, 1982.3, p.213-222
抄録: One of the basic characteristics of our society is social domination of modern reason, which has originated from and also organized "atomic" private individuals. It produces some "impediment" historically, including not only so-called "handicapped" but also even "childhood". At the same time it also produces some ways of institutionalized social treatment of such "impediment" necessarily for the reproduction of itself. So-called "special education" and, further to say, modern national system of education itself must be made problematic from this point of view. Modern education is a kind of dominating and social defense system, which is, as such, to be radically changed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/434
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688176.pdf1.3 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください