UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/43414

タイトル: 研究解説 : XY運動機構を用いた高層建物制振用マスダンパの開発と実用化
その他のタイトル: Development and lmplementation of a Tuned Mass Damper Using XY-Motion Mechanism for Vibration ControlinTall Buildings
著者: 藤田, 隆史
著者(別言語): FUJITA, Takafumi
発行日: 1990年5月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 42(5), 1990.5.1, pp. 263-268
抄録: 筆者らの開発によるXY運動機構を用いたマスダンパは、わが国で最初に実用化された高層建物制振用マスダンパである。本マスダンパは、現在までに、 「千葉ポートタワー」、 「福岡タワー」の2棟の超高層観光タワーに実用化されている。本解説は、これらのマスダンパの基本構造や、地震・風応答観測から得られた制振効果について述べたものである
URI: http://hdl.handle.net/2261/43414
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk042005001.pdf766.52 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください