UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/43476

タイトル: 研究解説(公開講演) : 産業技術の将来展望 : 技術は芸術を目指す
その他のタイトル: Future Scope of Industrial Technology : Technology is integrated into Art
著者: 月尾, 嘉男
著者(別言語): TSUKIO, Yoshio
発行日: 1990年10月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 42(10), 1990.10.1, pp. 575-582
抄録: 人間の社会が農業社会、工業社会、情報社会と発展してきたとして、さらに次期社会を想定すると、そこでの技術や産業の性格は芸術ときわめて類似したものになると予測される。調速機が工業社会の性格を規定し、計算機が情報社会の出現の契機になったように、技術と芸術が融合する次期社会を出現させるペく開発される技術は創造機であると類推できる。それは機械が独自に創造活動をおこなうのではなく、人間の創造活動を支援して、だれもが技術と芸術の融合を享受できる社会を出現させるのに貢献するものである
URI: http://hdl.handle.net/2261/43476
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk042010002.pdf975.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください