UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学文学部考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4352

タイトル: オホーツク文化の骨斧・骨箆・骨鍬
その他のタイトル: Bone-axes, -spatulas, and-hoes of the Okhotsk Culture
著者: 山浦, 清
著者(別言語): Yamaura, Kiyoshi
発行日: 1982年8月16日
出版者: 東京大学文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学文学部考古学研究室研究紀要. 第1号, 1982.8, pp. 151-166
抄録: Recently archaeozoological studies make clear the pig-breeding of the Okhotsk Culture of the Northern Hokkaido. Many bone artifacts, which are similar to hoes in form, are found in these sites. The analyses of these artifacts indicate they cultivated millets with these artifacts, which is supported by the ethnological and historical data. . The Okhotsk Culture of the Northern Hokkaido is characterized by pig-breeding, millet-cultivation and fishing. On, the other hand, the Okhotsk Culture of the Eastern Hokkaido is characterized by sea-mammal hunting.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4352
ISSN: 02873850
出現カテゴリ:東京大学文学部考古学研究室研究紀要
東京大学文学部考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004312246.pdf1.74 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください