UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/436

タイトル: 昭和初期中学校入学試験制度について : 岐阜県を例として
その他のタイトル: A Study on the System of the Entrance Examination of the Middle School in Early Showa Era
著者: 山本, 保
著者(別言語): Yamamoto, Tamotsu
発行日: 1982年3月10日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 21巻, 1982.3, p.235-245
抄録: I insist that the "positive selection" in secondary education in Japan began in 1928. In nine middle schools in Gifu Prefecture gave the entrance examination by oral test and school report in 1928. They abolished the achievement test on paper. It took seven years that the achievement test was used again in all the schools. About 1930, in N Ordinary Primary School in Gifu Pref, it showed an increasing tendency that the school record determined the way where the boy graduate went. That tendency was seen more strongly in the well achieved students of the urban families in commerce.
URI: http://hdl.handle.net/2261/436
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688178.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください