UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学文学部考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4362

タイトル: オホーツク文化の終焉と擦文文化
その他のタイトル: The Last Stage of the Okhotsk Culture and the Satsumon Culture
著者: 山浦, 清
著者(別言語): Yamaura, Kiyoshi
発行日: 1983年8月16日
出版者: 東京大学文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学文学部考古学研究室研究紀要. 第2号, 1983.8, pp. 157-179
抄録: The Okhotsk Culture coexisted with the Satsumon Culture, though the former had their territories along the Okhotsk sea coast of Hokkaido and the latter distributed in the inland. The Satsumon people could get more iron tools as articles of trade than the Okhotsk people could. Finally the Satsumon Culture dominated the Okhotsk Culture. Consequently some elements of the Ainu Culture, the successor of the Satumon Culture, originates in the Okhotsk culture.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4362
ISSN: 02873850
出現カテゴリ:東京大学文学部考古学研究室研究紀要
東京大学文学部考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004312262.pdf1.69 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください