UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
生涯学習基盤経営研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/43622

タイトル: 戦後初期の日本における学校図書館改革 : 深川恒喜インタビュー記録
その他のタイトル: The Reformation of Japanese School Library in 1945-1953 : A Transcript Interviewing to Tsunenobu FUKAGAWA
著者: 塩見, 昇
安藤, 友張
今井, 福司
根本, 彰
著者(別言語): Shiomi, Noboru
Andou, Tomoharu
Imai, Fukuji
Nemoto, Akira
キーワード: 日本占領期
学校図書館史
教育改革
Occupation Period(1945–1953)
School Library History
Reform of Education
発行日: 2011年3月30日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース内『生涯学習基盤経営研究』編集委員会
掲載誌情報: 生涯学習基盤経営研究. 35号, 2011.3, pp. 67-94
抄録: 本資料は、1946年から1961年までの間、文部省の担当官として学校図書館行政に携わった深川恒喜に対して、1985年に塩見昇が実施したインタビューの記録である。
This material is transcript of interview with Tunenobu FUKAGAWA, who was duty officer of school library in ministry of education in Japan. This interview brought by Noboru SHIOMI in 1985.
内容記述: 資料/Research Material
URI: http://hdl.handle.net/2261/43622
ISSN: 1342193X
出現カテゴリ:生涯学習基盤経営研究
生涯学習基盤経営研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
life35_6.pdf567.54 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください