UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学文学部考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4380

タイトル: 人口減少と選択居住 : 縄文時代の社会組織再構成のための覚え書
その他のタイトル: Depopulation and Ambilocal Residence : Problems in the Application of Cross-Cultural Studies to the Reconstruction of Jomon Society
著者: 大林, 太良
著者(別言語): Obayashi, Taryo
発行日: 1985年10月30日
出版者: 東京大学文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学文学部考古学研究室研究紀要. 第4号, 1985.10, pp. 75-92
抄録: Local groups in East Japan experienced drastic depopulation repeatedly during the Jomon Age, inter alia, in the Final Jomon of the Kanto area (Koyama 1978; Harunari 1979). Theoretically, drastic depopulation favors the assumption of dominance of ambilocal residence as Service (1962), Carol R. Ember and Melvin Ember (1972) and Carol R. Ember (1975) suggest. Although this theory is quite plausible, cross-cultural studies by the Embers (1972) andEmber (1975) are on closer examination not convincing enough to allow an unreserved application to the reconstruction of Jomon society.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4380
ISSN: 02873850
出現カテゴリ:東京大学文学部考古学研究室研究紀要
東京大学文学部考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004312292.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください