UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学文学部考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4394

タイトル: チチハル近傍額拉蘇発掘の自然遺物(額拉蘇C(オロス)遺跡出土の動物遺存体と骨角器)
その他のタイトル: Faunal Remains and Artifacts of Bone and Antler from Elasu C Site
著者: 直良, 信夫
著者(別言語): Naora, Nobuo
発行日: 1987年6月30日
出版者: 東京大学文学部考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学文学部考古学研究室研究紀要. 第6号, 1987.6, pp. 57-83
URI: http://hdl.handle.net/2261/4394
ISSN: 02873850
出現カテゴリ:東京大学文学部考古学研究室研究紀要
東京大学文学部考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004312318.pdf1.67 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください