UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/446

タイトル: 社会問題としての非行 : 社会的意味の観点から
その他のタイトル: Juvenile Delinquency as a Social Problem
著者: 林, 芳樹
著者(別言語): Hayashi, Yoshiki
発行日: 1983年3月15日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 22巻, 1983.3, p.183-192
抄録: This paper attempts to examine juvenile delinquency from a viewpoint of social meanings. The reason is that in sociological analysis the social meaning of delinquency has sometimes been taken for granted, so that the problematic nature behind that has seldom been made explicit. The conclusions of this paper are followings; first, the social meaning of delinquency basically consists of retributive feelings; second, the existence of delinquency as a social problem has a base on that meaning; third, those feelings are deeply rooted in human nature.
URI: http://hdl.handle.net/2261/446
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000687273.pdf1.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください