UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4465

タイトル: 後期旧石器時代後半期の居住形態の地域的様相 : 愛鷹・箱根第3期・第4期の遺跡群
その他のタイトル: Late Upper Paleolithic Settlement Patterns around Mt. Ashitaka and Mt. Hakone
著者: 中村, 雄紀
著者(別言語): Nakamura, Yuuki
発行日: 2006年3月31日
出版者: 東京大学考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第20号, 2006.3, pp. 1-36
抄録: 本稿では,愛鷹・箱根第3期・第4期の石器群を対象として,後期旧石器時代後半における居住形態変化の地域モデルについて検討した。居住形態の変化と関連して石器群の技術構造,石材消費も推移している。また時期ごとの遺跡分布から開発領域の変化を促え,これを気候変動に伴なう資源分布の変化と対応したものと推測した。第3期前半には,この地域で活動した狩猟採集民は遊動性が高く,各局面に即応可能な石器製作システムを保持し,山麓の低位丘陵を主たる開発領域としていた。これは第4期前半までに兵站的な居住形態へ移行し,効率的な石刃製作に基づく石器製作システムが採用され,開発領域は箱根山山腹へも広がった。第4期後半には箱根山山腹への回帰的移動が箱根産黒曜石の獲得を組み込んだ形で行われるようになり,箱根産黒曜石の潤沢な供給を背景として尖頭器の量産を行う石器製作システムが現れた。このように,石器群と居住形態の変遷は地域開発の進行に対応したものとして位置づけた。
This paper investigates a regional model of settlement patterns during late Upper Paleolithic around Mt. Ashitaka and Mt. Hakone. The chronological sequence of Upper Paleolithic around Mt. Ashitaka and Mt. Hakone is roughly divided into Phases I to V; Phases III to V belong to late Upper Paleolithic.. This paper focuses on Phases III and IV, divided into two parts, early and late, respectively. The shift in site distribution accompanied by the interaction of technological organization, raw material procurement and settlement pattern: It is assumed that this phenomenon reflect the shift in distribution of resources caused by the climate change. In the early part of Phase III, highly mobile hunter-gatherers with flexible technological system moved mainly around the bases of mountains. By the early part of Phase IV, they switched to logistical settlement pattern, and adopted efficient blade technology; their exploitation zone expanded to the mountainside of Mt. Hakone. In the late part of Phase IV, procurement of Hakone obsidian was set in the periodic occupations of Mt. Hakone; their lithic production system are characterized by the mass-production of small points, based on the richness of raw material. It is concluded that the shift in settlement pattern and lithic industries during this period occurred in response to the progress in local resourse exploitation.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4465
ISSN: 02873850
出現カテゴリ: 東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004420495.pdf3.42 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください