UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4466

タイトル: 大木6式土器の諸系統と変遷過程
その他のタイトル: Traditions and Sequential Changes in the Daigi Sixth Type of Jomon Pottery
著者: 今村, 啓爾
著者(別言語): Imamura, Keiji
発行日: 2006年3月31日
出版者: 東京大学考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第20号, 2006.3, pp. 37-69
抄録: 縄文時代の長距離におよぶ人間集団の移動を把握する準備として,前期末に東北地方中~南部に分布した大木6式土器の細い変遷過程を整理した。大木6式は長胴形と球胴形の2種類を主体とする組成で,それぞれにさらに北部と南部を中心とする地域差がある。北部では長胴形と球胴形の文様が類似するので,後者を「長胴系文様の球胴形」と呼ぶ。南部の球胴形は北部と異なる文様帯の配置で,浮線文を有するものが多いので「浮線文系球胴形」と呼ぶ。この浮線文球胴形は北部に対する進出力が強いだけでなく,中部日本の土器と多くの共通性を保持し,土器情報の伝達という役割を担った。これらの諸系統の並行関係を考えながら全体を5期に分け,中部日本の細分編年と対比させた。
URI: http://hdl.handle.net/2261/4466
ISSN: 02873850
出現カテゴリ: 東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004420496.pdf3.2 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください