UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
114 人文社会系研究科・文学部 >
22 考古学 >
東京大学考古学研究室研究紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4467

タイトル: 渤海上京龍泉府址出土軒丸瓦の編年
その他のタイトル: A Chronological Study of Circular Eaves Tiles on the Shangjing Longquanfu (Shangjing Longquan Capital City) Site of Bohai
著者: 中村, 亜希子
著者(別言語): Nakamura, Akiko
発行日: 2006年3月31日
出版者: 東京大学考古学研究室
掲載誌情報: 東京大学考古学研究室研究紀要. 第20号, 2006.3, pp. 71-108
抄録: 小稿は中国黒龍江省寧安県に位置する渤海の上京龍泉府址から出土した軒丸瓦を文様によって編年し,それを製作技法の観察から裏づけしたものである。渤海国は自国書を持たないため,その歴史を考えるにあたっては遺跡からの出土遺物の検討が非常に重要な位置を占めている。従来,中国や日本,北朝鮮等の研究者が軒丸瓦の文様の分類や編年などの研究を行っており,近年は特に日本において東京大学考古学研究室所蔵の遺物を対象資料とした研究が盛んに行われている。しかし,従来の研究は主に文様によるもののみであることから,製作技法との対応関係を明確にし,さらに九瓦や平瓦との対応関係を明らかにしていく必要性を感じている。本稿ではまずその研究の基本をなす編年を提示し,今後,上京龍泉府址での出土地点による比較や他遺跡の出土品との比較を通して渤海国の歴史を明らかにしていきたい。
URI: http://hdl.handle.net/2261/4467
ISSN: 02873850
出現カテゴリ: 東京大学考古学研究室研究紀要
東京大学考古学研究室研究紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004420497.pdf3.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください