UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/447

タイトル: デュルケムとデュルケム以前 : 教育システムの理論の系譜と課題(1)
その他のタイトル: Durkheim and his precedents : A pedigree and problems of the theory of educational system<1>
著者: 森, 重雄
著者(別言語): Mori, Shigeo
発行日: 1983年3月15日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 22巻, 1983.3, p.193-202
抄録: We, sociologists of education, define education as socialization. This definition draws its legitimacy from Durkheim. But we are afraid that socialization is interpreted so mechanically that we cannot refer Durkheim when usually education is called socialization. By this definition, what did he want to mean and how did he grasp his term of socialization? This is ourquestion.
URI: http://hdl.handle.net/2261/447
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000687274.pdf1.21 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください