UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4475

タイトル: 渋沢栄一の少,青年期についての一考察
その他のタイトル: A research about the younger days of SHIBUSAWA Eiichi
著者: 于, 臣
著者(別言語): Yu, Chen
発行日: 2004年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 43巻, 2004.3, pp. 35-43
抄録: SHIBUSAWA Eiichi, who has been called the great leader of the Japan's industrialization, is also considered as the first promoter of the principles of Japanese Economy, as laid down in his famous works "the Analects of Confucius and the abacus". Why had he been so particular about "the Analects of Confucius"? How could he unite ideas from the Chinese classics with the economy? In this paper, the writer will attach great importance both to his younger days to analyze what he had learned and experienced, and especially to his encounter with "the Analects of Confucius". From that the writer will try to discover the source of his interpretation of "the Analects of Confucius" during his later days.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4475
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004259180.pdf990.29 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください