UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4485

タイトル: 教育の場としての病院内学級の特徴 : 実践へのエスノグラフィック・アプローチ
その他のタイトル: An Ethnographic Approach to Teacher Practices at an In-hospital School
著者: 谷口, 明子
著者(別言語): Taniguchi, Akiko
発行日: 2004年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 43巻, 2004.3, pp. 155-164
抄録: The purpose of this study is to describe what the education at an in-hospital school is like, and to clarify the characteristics of education there. In order to accomplish this purpose, an ethnographic method was adopted. The qualitative data obtained from 6-months fieldwork, which consisted of participant observation, formal and informal interviews, and document materials, was analyzed according to Grounded Theory Approach. Consequently, it is suggested that an in-hospital school is a composite place that has 6 educational characteristics: characteristics of special schools, normal schools, small schools, pre-schools, family education and special education for the health-impaired. These composite characteristics should be taken into consideration when the expertise of in-hospital teachers is discussed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4485
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004259190.pdf907.52 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください