UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/449

タイトル: 高校生の人格発達と進路決定 : テストバッテリーを用いての縦断的事例研究
その他のタイトル: The Relation Between Personaliry Development and Career Dicision-Making of High School Students
著者: 下山, 晴彦
著者(別言語): Shimoyama, Haruhiko
発行日: 1983年3月15日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 22巻, 1983.3, p.211-222
抄録: The present study was planned to investigate the relation between personality development and career decision-making which was assumed as a developmental task in middle adolescence. Two cases (A: a,girl, B: aboy) were analysed. They were longitudinal case studies with a battery of tests (TAT, SCT, Quastionaire, Interview). It was found that while A, who was high developed, was exploring her career, B, who was low developed, was fore-closured. This result suggests the distortion of career decision-making process at high school.
URI: http://hdl.handle.net/2261/449
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000687276.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください