UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4495

タイトル: D・カッツーそのメディウム論の特異性 : J・J・ギブソンの道具論との比較研究
その他のタイトル: David Katz-The Uniqueness of his Theory of Medium : A Comparative Study with J. J. Gibson's Theory of tool
著者: 柴田, 崇
著者(別言語): Shibata, Takashi
発行日: 2004年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 43巻, 2004.3, pp. 279-286
抄録: This paper attempts to demonstrate the uniqueness of David Katz's theory in general and of his theory of "medium" in particular. When we explore the environment with our hand we can immediately feel objects in the environment. What is intriguing is that the same seems to hold true when we explore the environment with a rod in our hand. The tip of the tool, in other words, seems to be capable of direct perception and the tool as a whole seems to become "transparent" when it is in use. It will be argued that a phenomenon like this can be understood as the Cartesian "dogma" if we read Katz's "The World of Touch" in the light of James J. G ibson's theory of tools.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4495
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004259200.pdf888.76 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください