UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4497

タイトル: 乳児期初期における母子の身体関係について : 筆者の体験の現象学的事例研究
その他のタイトル: The Mother and Child Relationship in Early Infancy Focusing on Their Body Contact A Phenomenological Case Study Based on the Author's Experience
著者: 深山, 茜
著者(別言語): Miyama, Akane
発行日: 2004年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 43巻, 2004.3, pp. 295-303
抄録: This paper aims to make clear the fundamental relationship between mother and a-month-old child, based on the author's own experience. The author tries to clarify how the persons involved in the situation relate to each other. Based on Buber's thought, they do not interact with each other as a chain of action and reaction, but are unified inseparably in the flow of acts. From this point of view, it is impossible for them to objectify this relationship. Consequently, the mode of existence should be elucidated by focusing on the context where persons meet and relate to each other. Both the author's child being held comfortably and the author holding well are thrown into the possibility of occurring with holding and being held at the same time.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4497
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004259202.pdf988.25 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください