UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4498

タイトル: 批判的読みにおける文章の構造的側面の役割
その他のタイトル: The roles of structural aspects of texts on critical reading
著者: 大河内, 祐子
著者(別言語): Okouchi, Sachiko
発行日: 2004年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 43巻, 2004.3, pp. 305-313
抄録: This paper examines the roles of structural aspects of text on critical reading. From the viewpoint of reading that readers interacts with the writer, I suppose that critical reading consists of three aspects; 1) comprehension monitoring, 2) examining writer's argument, 3) reproducing opinion. The importance of structural aspects differs from one critical reading aspect to another. Several problems to be solved are pointed out. 1) The order of three aspects of critical reading (step by step or circulatory) ought to be clear with reference to the development of the ability of reading, 2) Methodologically, further study is needed about on-line processes during reading, specifically on examining writer's argument. 3) The interactional effects of knowledge and epistemological beliefs and structural aspects of text are not yet unclear on three aspects of critical reading.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4498
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004259203.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください