UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4499

タイトル: イギリスにおける公貸権制度導入までの経緯
その他のタイトル: The Process of Introducing the Public Lending Right System in the United Kingdom
著者: 石田, 香
著者(別言語): Ishida, Kaori
発行日: 2004年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 43巻, 2004.3, pp. 315-323
抄録: One of the significant features of the public lending right system in the United Kingdom is that it recognizes the public lending right as an individual author's right to receive remuneration for the free lending of their works by public libraries. This feature was formed through the authors'public lending right campaign, where they fought not for the government patronage but for legal rights of authors. In particular, coinage of the word "public lending right" as an analog of existing rights and the campaign policy settled by the Society of Authors contributed to determine the course of the campaign.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4499
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004259204.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください