UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学大学院教育学研究科紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/4504

タイトル: 在日外国人の学習権保障と地方自治体の役割 : 川崎市「ふれあい館」設立要求運動を中心として
その他のタイトル: The Role of a Local Government for the Foreigner's Right to Learn in Adult Education
著者: 金, 侖貞
著者(別言語): Kim, Yunjeong
発行日: 2004年3月10日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科紀要. 43巻, 2004.3, pp. 365-372
抄録: This paper aims to show how a local government can provide an opportunity to learn for foreigners in Japan by examining the process that led to the establishment of Fureai center in Kawasaki city in 1980's. First, there is an analysis of the formulation of Min, which means learners, by a Korean-Japanese organization called seikyusha. Then, a further analysis of the collaboration between the Kan, which means a local government, and the Min in the establishment of Fureai center. Finally, an outline of how the policies on foreigners in Kawasaki city are affected this process. This paper will show not only how important the collaboration between learners and a government is, but also how we should perceive the foreigner's right to learn.
URI: http://hdl.handle.net/2261/4504
ISSN: 13421050
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科紀要
東京大学大学院教育学研究科紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004259209.pdf921.61 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください