UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/457

タイトル: 高等学校の就職指導と生徒の進路形成(I) : 就職指導の実態とその規定要因の検討
その他のタイトル: Vocational Guidance and Student's Career Formation (I)
著者: 天野, 郁夫
耳塚, 寛明
田中, 節雄
苅谷, 剛彦
樋田, 大二郎
油布, 佐和子
大野, 道夫
志水, 宏吉
著者(別言語): Amano, Ikuo
Mimizuka, Hiroaki
Tanaka, Setsuo
Kariya, Takehiko
Hida, Daijiro
Yufu, Sawako
Ono, Michio
Shimizu, Kokichi
発行日: 1984年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 23巻, 1984.3, p.45-76
抄録: About half of students are planning to enter labor force after graduating from high schools in Japan, so job placement is an integral part of the vocational guidance in high school. It means high school plays an important role in allocating students to labor market. If we try to grasp the selection function of Japanese high schools totally, we have to clarify these allocation processes. In order to explore the processes, we made a nationwide survey including 1,170 high schools (whereby more than half of the students planning to work upon leaving school) using questionnaire method. This is the first report of the survey.
URI: http://hdl.handle.net/2261/457
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688218.pdf3.65 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください