UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/467

タイトル: 「社会化」をめぐる「合意」と「葛藤」 : デュルケム再評価の文脈
その他のタイトル: 'Consensus' or 'Conflict': Centering around 'Socialization' : A Context of Revaluation about Durkheim
著者: 古川, 敦
著者(別言語): Furukawa, Atushi
発行日: 1984年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 23巻, 1984.3, p.297-305
抄録: Generally, Emile Durkheim has been regarded as a theorist of 'functionalism', that is to say, a sociologist of 'integration' and 'consensus'. However, recently, a new and unique interpretation which tries to clarify some viewpoints of 'struggle' and 'conflict' in his 'historical analysis' has come to appear. So, in this paper, by comparing and examining those two opposite standpoints, I attempt to research the proper direction as to the future understanding of Durkheim. And the discussion here is focused on the content of 'socialization' and the essential character of educational systems.
URI: http://hdl.handle.net/2261/467
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688228.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください