UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/472

タイトル: 精神遅滞の発生過程の診断と評価
その他のタイトル: Developmental Processes of Mental Retardation and Developmental Diagnosis
著者: 田丸, 敏高
著者(別言語): Tamaru, Toshitaka
発行日: 1984年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 23巻, 1984.3, p.345-353
抄録: Because MR (mental retardation) is generally regarded as the deviation from 'the mean development' in widely-prevailed developmental models, we have difficulties in screening, differential diagnosis and prognosis of children with MR. Now we need a scientific developmental theory about MR. In this paper we discuss some trials to approach it. We differentiate three types of developmental process of MR; the slow type, the plateau type and the knick type, and find early partial retardation in infants important for prognosticating MR in future.
URI: http://hdl.handle.net/2261/472
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688233.pdf1.03 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください