UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/477

タイトル: 小学校授業料問題
その他のタイトル: Theoretical Problems of Tuition Fee
著者: 田原, 宏人
著者(別言語): Tahara, Hiroto
発行日: 1984年3月30日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 23巻, 1984.3, p.397-405
抄録: If monetary resources of education can be recognized to be a significant concept that reflects relations between a certain type of society and a certain character of education, a particular view of tuition fee as one form of such resources is to be based on a particular understanding of relations between them. The crucial point which I want to make in this paper is that the arguments on tuition fee examined here must be regarded as posing central problems for any theory of educational administration that seeks to go beyond the discredited formulae offered by the idealistic conceptions of right to education.
URI: http://hdl.handle.net/2261/477
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688238.pdf1.14 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください