UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/483

タイトル: マルクス「主義」教育社会学・批判
その他のタイトル: To Marxist Sociology of Education: a critique
著者: 森, 重雄
著者(別言語): Mori, Shigeo
発行日: 1985年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 24巻, 1985.2, p.21-46
抄録: Recently, sociology of education is characterized by ,the ascendence of Marxist school. We examine what Marxists assert and contribute to the sociology of education, and we do this with the reference to Marx himself. Then, we can find many problems in the Marxzst scociology of education. We define the cause of these problems from the fact that the Marxist sociology of education understands Marx superficially (in many case emotionally, not logically). So, we criticize it and seek to logical and academic implications which Marx himself has to modern sociology of education. In this context, we introduce our category, Critical Sociology of Education, through developing a new connotation of educational system.
URI: http://hdl.handle.net/2261/483
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688253.pdf3.42 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください