UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/48304

タイトル: 特集1 : 研究解説 : エイズウイルスと硫酸化多糖
その他のタイトル: Aids Virus and Sulfated Polysaccharides
著者: 吉田, 孝
瓜生, 敏之
著者(別言語): YOSHIDA, Takashi
URYU, Toshiyuki
発行日: 1991年8月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 43(8), 1991.8.1, pp. 335-340
抄録: 硫酸化多糖は,抗凝血活性などのヘパリノイドとしての作用を持つほかに,最近高い抗エイズウイルス作用をもつことを見いだした.無水糖の開環重合により立体規則性多糖が得られることはすでに報告している.それらの合成多糖や天然多糖のカードランなどを硫酸化した硫酸化多糖が高い抗エイズウイルス作用を示し,特に,カードラン硫酸では抗凝血活性や細胞毒性も低いことが明らかとなった.
内容記述: 小特集 バイオテクノロジー
URI: http://hdl.handle.net/2261/48304
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk043008001.pdf598.65 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください