UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/485

タイトル: 言語行動の発達(VII) : 母子相互作用における動作と言語 : 生後3年間の縦断観察資料の分析
その他のタイトル: Gestures and Language in Mother-Infant Interaction : A Longitudinal Study of the First Three Years
著者: 武井, 澄江
荻野, 美佐子
大浜, 幾久子
斉藤, こずゑ
著者(別言語): Takei, Sumie
Ogino, Misako
Ohama, Kikuko
Saito, Kozue
発行日: 1985年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 24巻, 1985.2, p.61-80
抄録: In the previous papers, the development of pointing in the context of a mother-infant interaction had been examined. In the present research, the development of gestures vis-a-vis linguistic behavior was examined. The data analyzed in the present paper were obtained in longitudinal home observations of 6 first born infants interacting with their mothers. Every interacting behavior by gestures and/or language or vocalization by infants at the moon's age of 3, 6, 9, 13, 17, 21, 24, 30, 36 was analyzed as well as every corresponding mother's interacting behavior. The developmental changes were revealed. The difference between pointing and other gestures was also discussed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/485
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688255.pdf1.95 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください