UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
12 基盤科学研究系 先端エネルギー工学専攻 >
1221225 修士論文(基盤科学研究系先端エネルギー工学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/48832

タイトル: 非線形変調するアルフベン波の可積分性と構造の解析
著者: 江本, 伸悟
著者(別言語): エモト, シンゴ
キーワード: Alfvén wave
Hall MHD
Casimir
Hamiltonian system
Integrable system
発行日: 2011年3月24日
抄録: プラズマは, 例えば太陽コロナに見られる構造のように, 流れを持つ構造を自己組織化し得る. ハミルトン力学系の観点からプラズマが形成し得る秩序構造(可積分構造)を考察するとき, その構造は系が持つ保存量によって特徴付けられる. 生成作用素の位相欠陥に由来する保存量:カシミール元によって特徴付けられる秩序構造:Beltrami平衡は, 流れを持つ非自明な構造を取ることができる. また, Beltrami平衡解をガリレイ変換することによって, 定常進行波解を構成できることが知られている. このように, Beltrami平衡解を基にして解を構成していくことによって, プラズマの秩序構造をどこまでカバーすることができるのかということが本論文の関心事である. 特に, このような構造に摂動が加わったときの可積分性の揺らぎ, 即ち, 全ての秩序が失われ構造が崩れてしまうのか, それとも何らかの秩序を保持した新たな秩序状態が出現するのかに着目している. 本論文では, Beltrami平衡から生じる秩序構造:アルフベン波に圧縮性(摂動)が加わったときの変調構造に関して, Hall MHD方程式を用いた解析が為される. その結果, 定常進行する変調波は秩序的な波形を持つことを示される. また, 具体的な波形として, 全域に渡って周期的な変調している波形, 或る一箇所でのみ局所的に変調している波形, 更に, 無変調領域と局所変調領域とが不規則に組み合わさった波形が示される. アルフベン波解の周辺に広がる可積分構造についての解析が進められた.
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2011-03-24 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(科学) ; 学位記番号: 修創域第3708号 ; 研究科・専攻: 新領域創成科学研究科基盤科学研究系先端エネルギー工学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/48832
出現カテゴリ:025 修士論文
1221225 修士論文(基盤科学研究系先端エネルギー工学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
K-02586.pdf本文(fulltext)824.32 kBAdobe PDF見る/開く
K-02586-a.pdf要旨(summary)164.02 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください