UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
118 総合文化研究科・教養学部 >
20 超域文化科学専攻 >
比較文学・文化論集 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/48880

タイトル: 反省の発生的構造 : 現象学的還元と分裂病における同時的内省の起源としての非志向的意識について~フインク、レヴィナス、長井真理=木村敏をめぐって
その他のタイトル: La structure génétique de la réflexion (De la conscience non-intentionnelle comme origine de la réduction phénoménologique et de l'introspection simultanée dans la schizophrénie : Autour de Fink, Lévinas, Mari Nagai/Bin Kimura)
著者: 村上, 靖彦
著者(別言語): MURAKAMI, Yasuhiko
発行日: 1998年5月15日
出版者: 東京大学比較文学・文化研究会
掲載誌情報: 比較文学・文化論集. 15号, 1998, pp. 61-72
URI: http://hdl.handle.net/2261/48880
ISSN: 0911341X
出現カテゴリ:比較文学・文化論集
比較文学・文化論集

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CLC_15_006.pdf504.68 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください