UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
35 環境学研究系 人間環境学専攻 >
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/48978

タイトル: 超臨界二酸化炭素と潤滑油混合液の流動様式の数値シミュレーション(要旨)
著者: 穴井, 慎太郎
著者(別言語): アナイ, シンタロウ
キーワード: Carbon dioxide
Supercritical
Lubricant
Heat transfer coefficient
Numerical analysis
発行日: 2011年3月24日
抄録: It has been reported that lubricating oil has a great influence in cooling heat transfer of supercritical carbon dioxide. In this study, numerical analysis of flow pattern of CO2-oil mixture in gas cooler and lubricating oil has influence in cooling heat transfer coefficient of supercritical carbon dioxide. Capture of lubricating oil interface. This simulation model is VOF (Volume Of Fluid) method. Compatibility of lubricants was found to have influence in cooling heat transfer. Flow regime changes due to oil's compatibility. Oil film formed along the tube wall disappears or the thickness decreases, which result to lower the heat thermal resistance of oil film, and the heat transfer coefficient depression becomes suppressed.
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2011-03-24 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(環境学) ; 学位記番号: 修創域第3952号 ; 研究科・専攻: 新領域創成科学研究科環境学研究系人間環境学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/48978
出現カテゴリ:025 修士論文
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
K-02829-a.pdf要旨(summary)494.83 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください