UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
122 新領域創成科学研究科 >
35 環境学研究系 人間環境学専攻 >
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻) >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/48983

タイトル: 物流探査システムの低消費電力化に関する研究(要旨)
著者: 川崎, 悟史
著者(別言語): カワサキ, サトシ
キーワード: Logistics
Positioning
Mahalanobis distance
発行日: 2011年3月24日
抄録: An algorithm that judges the moving or staying statuses of distribution equipment by continuous measurement of the vibration is developed to realize a low-cost and power-saving logistic positioning systems. First, the measured acceleration levels are divided into two groups using tentative threshold level. Then, the threshold level is updated repeatedly using Mahalanobis distances of two groups to minimize the probability of discrimination error. Also an approximate formulas for the threshold to reduce computation amount is presented. Next, to confirm the effectiveness of this method, the discrimination accuracy was evaluated using actually measured data of a dolly and automobile. Finally, it proposes the algorithm that distinguishes two or more states is examined.
内容記述: 報告番号: ; 学位授与年月日: 2011-03-24 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(環境学) ; 学位記番号: 修創域第3966号 ; 研究科・専攻: 新領域創成科学研究科環境学研究系人間環境学専攻
URI: http://hdl.handle.net/2261/48983
出現カテゴリ:025 修士論文
1223525 修士論文(環境学研究系人間環境学専攻)

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
K-02843-a.pdf要旨(summary)491.11 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください