UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/491

タイトル: 明治後期地方中間層の中学校像とその変質 : 中学校設立運動を中心として
その他のタイトル: Middle Class Views of the Middle School and the Changes that Took Place There in the Latter Term of the Meiji Era : Focusing on the Movements for the Foundation of Middle Schools
著者: 米田, 俊彦
著者(別言語): Yoneda, Toshihiko
発行日: 1985年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 24巻, 1985.2, p.219-233
抄録: The number of middle schools rapidly increased from 62 in 1892 to 258 in 1902, largely due to the efforts of regional movements promoting more schools on the part of the upper and middle classes. The middle class had ambiguous and divers views of those schools. Through the organization of the secondary school system from about the turn of the century, the educational level was raised, and the movement to increase the number of shools died.
URI: http://hdl.handle.net/2261/491
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688261.pdf1.56 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください