UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
東京大学教育学部紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/492

タイトル: 自己強化の学習効果に関する研究の到達点と課題
その他のタイトル: The Trends of the Study on Learning Effects of Self-Reinforcement
著者: 竹綱, 誠一郎
著者(別言語): Taketsuna, Seiichiro
発行日: 1985年2月28日
出版者: 東京大学教育学部
掲載誌情報: 東京大学教育学部紀要. 24巻, 1985.2, p.235-243
抄録: The purpose of present paper was to review the study which examined the effects of self-reinforcement (SR) on learning. Three topics were discussed; (1) learning effects of SR with tangible reinforcer, (2) learning effects of SR without tangible reinforcer, and (3) individual difference in learning effects of SR. Finally, we suggest many questions to be investigated.
URI: http://hdl.handle.net/2261/492
ISSN: 04957849
出現カテゴリ:東京大学教育学部紀要
東京大学教育学部紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000688262.pdf1.14 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください