UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
1191010 学術雑誌論文 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/49200

タイトル: Twitterを用いた大学間授業実践
その他のタイトル: A practice of twitter as a communication tool in two different university classes
著者: 今井, 福司
岡部, 晋典
著者(別言語): Imai, Fukuji
Okabe, Yukinori
キーワード: 大学間連携
電子書籍
Twitter
授業実践報告
ICT
cooperative class
electronic books
twitter
lesson practice example
information and communication technology
発行日: 2011年9月1日
出版者: 情報科学技術協会
掲載誌情報: 情報の科学と技術. 第61巻, 第9号, 2011年9月1日, pp. 368-373
関連URI: http://www.infosta.or.jp/
抄録: 本報告では, Twitterを用いた大学間での授業実践について述べる。現在ICTの活用が幅広い分野で求められており, TwitterはICT活用のメディアの1つとして挙げられる。今回は異なる二大学間で電子書籍に関する同一の課題を設定し, Twitterを用いて発言させる演習を行った。それぞれの授業は曜日も時間帯も異なっていたが, Twitterを用いることで, 互いの受講生の交流を実現でき, 協力要請を行った大学図書館員の授業参加を容易に行えた。授業後の受講生に対するアンケート結果では, 授業に対する積極的な評価がある一方, 授業計画の見直しや, 教材について改善が必要であることを示唆するような評価も見られた。
This paper describes a cooperative practice using Twitter between two universities. Twitter is the most popular social networking tool in Japan. We offered a class about electronic books between two universities. In the class, we gave an assignment of report and feedback about using Twitter. The situation of the two classes was different of place, time, and member. Using Twitter, we could communicate each other beyond those boundaries. Even a librarian could join the class. Considering students'feedback, our teaching scheme and materials have a room for improvement.
URI: http://hdl.handle.net/2261/49200
ISSN: 09133801
出現カテゴリ:013 社会科学
1191010 学術雑誌論文

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
infosta20110901.pdf326.52 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください