UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/49206

タイトル: 特集2 : 研究解説 : アトリウム空間の熱成層流に関する数値解析と実験
その他のタイトル: Numerial and Experimental Stuldy on Thermally Stratified Flowfield within Atrium Space
著者: 近本, 智行
村上, 周三
加藤, 信介
横井, 睦己
著者(別言語): CHIKAMOTO, Tomoyuki
MURAKAMI, Shuzo
KATO, Shinsuke
YOKOI, Mutsumi
発行日: 1993年1月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 45(1), 1993.1.1, pp. 10-15
抄録: 近年,アトリウムと称されるガラスで覆われた巨大吹抜空間が数多く建築されるようになった.アトリウム空間の特徴として一般に,① 天丼が高い,② 日射が差し込む,③ 鉛直方向の温度分布が生じやすい,④ 空調される居住域が空間の一部に限定される,などがある.このため良好な居住環境を実現するためには,設計に際し流れ場の熱輸送状態の正しい解析が必要とされる.本報では夏季のモデルアトリウム空間内の流れ場・温度場性状に関し,熱的成層を考慮したk-εモデルおよび模型実験により解析を行い,温度成層時の流れ場・熱輸送現象に関して考察を行った.
内容記述: 特集 乱流の数値シミュレーション(NST) その9
URI: http://hdl.handle.net/2261/49206
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk045001003.pdf590.78 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください