UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
134 生産技術研究所 >
生産研究 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/49225

タイトル: 特集6 : 研究解説 : 強磁場下二次元電子系のバルク電流とエッジ電流
その他のタイトル: Bulk and Edge Currents in Two-Dimensional Electron Gas at High Magnetic Field
著者: 小宮山, 進
著者(別言語): KOMIYAMA, Susumu
発行日: 1993年2月1日
出版者: 東京大学生産技術研究所
掲載誌情報: 生産研究. 45(2), 1993.2.1, pp. 93-97
抄録: 量子ホール効果状態での輸送電流がエッジ電流なのかパルク電流なのかを議論する.バルク電流は静電ポテンシャル差の変化(ホール電圧)による応答,エッジ電流は全電流の中の残余分として定義すると,ほとんどの実験条件下でバルク電流が輸送を担っていると考えられる.また,最近のエッジ状態が直接関与する輸送現象においても,そこでの輸送を担っているのがエッジ電流かどうかは判定できないことを論ずる.
内容記述: 特集 量子固体エレクトロニクス
URI: http://hdl.handle.net/2261/49225
ISSN: 0037105X
出現カテゴリ:生産研究
生産研究

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sk045002006.pdf467.79 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください